よく思い出してみてください、朝新聞を読む習慣のある人が必ず最後にチェックするのは占いではありませんか?新聞なんて読まないという人も朝準備をしているときにテレビをつけていませんか?その番組では必ず同じ時間に占いコーナーがあると思いませんか?そんな時間にはもう家にいないという人でも何らかの形で占いを耳にすることはありませんか?そうなのです。

この国の人だけの話ではありませんが占いは1日の始まりに必ずと言っていいほど影響を与えているものなのです。

頭の中に浮かぶ数字のイメージのイラスト

■テレビの占いは準備の1つが定番化
それもそのはずです、テレビで占いは必ずチェックしているという人はこの国で生きている人の大半が1日のスタートを切る時間帯に放送されているのですから。

朝の情報番組で占いをチェックできなかった時には何だか不安になってしまうという人がたくさんいることは確かな反響の表れなのです。

■テレビも新聞も占い師の占いを採用していることがほとんどなのです
人気の占い、しかし全然当たらないというのではその人気もなくなってしまいますよね。テレビも雑誌も新聞も、占いコーナーをしているときは大体の場合占い師の監修を受けているか、直接データとして提供してもらって放送したり紙面化したりしています。

そのため、人気の占い師が監修しているコーナーを楽しみにしているファンをがっちりつかんでいると言えます。

■占いなんて信じないという人もやっぱり気にはしているものです
占いなんて信じていないから、何の興味もない。そんな人でも、何か不安に思うような出来事があった時には今日の運勢あんまりよくなかったなぁ、と思うものです。

自然と日常の生活にあって当たり前の占いは、誰でも鑑定できるというものではないだけに気にかけている人が多くいるものです。